花粉症 
今回のテーマは“花粉症予防”について。

花粉症の人にとってはつらい季節がやってきますね。これから春に向けて、花粉症の人を悩ませるのがスギ花粉です。

花粉症対策としては、たくさんの方法が紹介されていますが、大切なことは早めに手を打つことです。つまり、花粉症対策をできるだけ早く始めて、症状を少しでも予防するのがベスト

そこで今回は花粉症予防におすすめな6つの対策をご紹介しましょう!毎年花粉症に悩まされるという人は、この記事を参考に、憂鬱な花粉症の時期を乗り越えましょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:花粉症時期に使える!“カトちゃんぺ”でくしゃみを止める方法?
 

スポンサーリンク

花粉症を予防する6つの方法

花粉症対策

1.マスクの着用は必須

花粉症対策といえば、まずはマスクの着用ですよね。花粉症の季節が近くなったら、必ず用意しておきたいアイテムです。

2.部屋干しにして洗濯物に花粉が付かないように

洗濯物を外に干すと、どうしても花粉がついてしまいます。確実に花粉をシャットアウトしたいなら、部屋干しにするほうがよいでしょう。

もし、どうしても外で干したいという場合は洗濯物を取り込むときに、忘れず花粉を落とすようにしましょう

3.空気清浄機を使用する

空気清浄機
基本的なことですが、空気清浄機は花粉対策としてとても役立ちます。花粉の粒子は大きいので、空気清浄機で除去することが可能です。

花粉やほこりは床に落ちるものですので、空気清浄機は部屋の中でも低い場所に置くのがおすすめです。花粉が入ってきやすい玄関や窓の近くに設置するのも効果的ですよ。

4.風の強い日はなるべく外に出ない

風の強い日は、花粉もたくさん飛んでいます。そんな時は、できるなら外出は避けたいですね。特に、雨上がりの昼間で風が強い日は要注意です。

その他にも、よく晴れている、気温が高い、湿度が低い、雨上がりの翌日は、花粉が多く飛びやすくなります。このような時には、できるだけ外出を控えるようにします。

5.服についた花粉は玄関先で払う

戸外へ出るときにはマスクをつけるのはもちろんですが、外出から戻ってきて家に入る時には、ドアの前で衣服や髪の毛についた花粉を払ってから入室します。

花粉は、服だけでなく髪の毛にも付着します。髪の毛も忘れないように、花粉を落としてから家に入るようにしましょう
 
関連:【冬の部屋干し】気になる臭いを防止する方法と早く乾かすコツ
 

スポンサーリンク

花粉症対策まとめ

いかがでしたでしょうか?これからの時期に試したい花粉症対策を6つ紹介しました。

花粉症は予防が大切ですが、ちょっとしたことに気を付けることでも花粉を防ぐことができるんですね。

基本的には、花粉の飛散量が多い時には外出を控える、花粉を家に持ち込まないことが大切です。正しい予防方法を心得ておけば、花粉症の症状を最小限にすることも可能です。

憂鬱な花粉の季節を乗り越えるためにも、今回の記事を参考に、できることから対策を行ってみてくださいね。
 
関連:【簡単】花粉症による鼻づまりをペットボトルで解消する方法
 

スポンサーリンク


コメントをどうぞ